ロゴ
HOME>特集>更年期の症状が辛いなら【漢方で体質改善しよう】

更年期の症状が辛いなら【漢方で体質改善しよう】

漢方

更年期障害とは

更年期障害とは30代後半から40代ぐらいの年齢になると、女性ホルモンの分泌量が低下してきて、生理不順や頭痛、めまい、発汗、ホットフラッシュなどの様々な症状が見られるようになります。更年期障害の症状には多少の個人差がありますが、体調不良が原因で仕事や家事に支障が出ている人も少なくありません。専門クリニックではホルモン補充療法を行ったり、医薬品の処方などを行ったりしています。なるべく体に負担の少ない治療を希望している人は、漢方による治療も行っています。漢方は東洋医学に基いた安全性の高い薬を処方してくれます。一人一人の体質や体調に合わせた薬を処方してくれるので、しばらくは続けることが大事です。更年期障害は閉経をすると改善することが多いです。

漢方

更年期障害に効果のある漢方

更年期の年代になると、誰でも体の不調を感じていますが、家事や仕事をこなす必要があるので、専門クリニックを受診して治療を受けたい人が増加しています。一般的な医薬品では副作用が心配な人が多いですが、漢方や血流を促進したり、体質改善をしたりする効果が期待できます。生理不順で悩んでいる人や、手足は冷えるけれど顔はのぼせやすい人は、漢方薬による治療が有効です。一人一人の体質や体調が違ってくるため、専門的な知識を持っている医師が最適な商品を処方してくれます。漢方薬には即効性はありませんが、根気よく続けていると体調が良くなってきたり、ホルモンバランスを整えたりする働きがあります。辛い症状で悩んでいる人は、まずはカウンセリングや診察を受けて下さい。